Project Description

向島造機 株式会社

内航船舶修繕業、棒鋼圧延機等産業用機械の設計・製作・据付・メンテナンス

地域に根差して81年 二つの事業で日々挑戦 <船舶修繕/産業機械製造>

【内航船舶修繕部門】

内航船舶の検査工事を主に、海難(船舶事故修理)、改造工事等を行っています。工事する船舶は、ケミカル、タンク、貨物船が多く、また国土交通省認定工場として内燃機関の開放工事を行っています。平成9年まで行っていた新造船事業で培った技術と経験を現在まで継承し、修繕事業に特化して船のドクターとして提案型営業を行い、内航海運業界の未来の下支えをしています。

【産業機械部門】

全国の製鉄所向けに、道路・橋梁・建設現場等でコンクリートの強度を上げる為の鉄筋棒鋼を製造する機械のメーカーです。設計、製造、据付、メンテナンス業務を行い、間接的に皆様の生活を支えています。

主要製品:「棒鋼圧延機」「垂直落下式トラフ」「冷却床」「シャーリング」

コロナ禍を通して

全社で「『コロナウイルス』を持ち込まない・持ち込ませない」を掲げ『検温』『消毒』『マスク着用(条件付)』『事務席の間隔を広げる事』を徹底しました。拡大時には、社員は勿論、ご家族にもマスクが提供できるよう準備を行い、更に近隣地域のご家庭に無償提供も行いました。また、社屋内全てへ「抗菌・抗ウイルスコーティング」を施工し、社員や顧客に安心、安全に作業を行える環境を整えました。事業の内「船舶修繕業」は、直接操業に影響は受けていませんが、「対製鉄所事業」では、出張打合せが出来にくい状況が続き、前半は仕事量も若干減少しました。今後は、オンライン打合せ、出張には万全な準備をし、客先に出向き挽回を図る事にしています。アフターコロナでは、特別な事は行ないませんが以上に記したコロナ対策は引続き完全に実行、また、これまで以上に技術向上を図るため研鑽を積み、既存顧客との信頼関係を一層深めます。

求める人材はこんな方

ものづくりの基本は「人と技術」と考えています。社員一人ひとりが生き生きと働き易く安全な環境の実現に全力を挙げ、家族のように安心して働ける職場づくりを目指しています。入社後は、先輩社員に付き、技術・技能の習得を行ってもらいます。技術の習得には長い時間が掛かります。習得に肝心なことは、【やる気】と【向上心】だと考えており、自分で考え、行動できる方・何事にも諦めずチャレンジできる方! をお待ちしています。

企業DATE

所在地 〒722-0073
広島県尾道市向島町外新開9954-3
TEL.0848-44-0600
FAX.0848-44-0604
代表 代表取締役 中西 一貴
設立 1939年4月18日
資本金 4,830万円
売上高 17億650万円(2019年5月期)
17億224万円(2018年5月期)
16億6,366万円(2017年5月期)
経常利益  1億2,644万円(2019年5月期)
9,218万円(2018年5月期)
1億1,992万円(2017年5月期)
従業員数 41名(男性34名/女性7名)
(他構内協力会社社員70名)
平均年齢:42.4歳
主要取引先 国華産業㈱、センコー汽船㈱、
林船舶㈱、明和海運㈱、
共英製鋼㈱グループ、合同製鐵㈱、
JFE条鋼㈱グループ 他

採用DATE

初任給 大学卒   :200,000円
短大・専門卒:200,000円
高校卒   :170,000円
諸手当 通勤手当、家族手当
昇給・賞与 昇給年1回、賞与年2回
勤務地 尾道市向島町
勤務時間 8:00~17:00(実働8時間)
休日・休暇 日曜、祝日、夏季、年末年始 他
(4週8休/年間休日数110日)
福利厚生 社会保険完備、退職金制度、独身社宅、
介護・育児休業制度
HP