Project Description

株式会社 三和ドック

船舶の修理・メンテナンス・改造を専門に行う造船企業

船舶修繕・改造のリーディング・カンパニー!

伝統と革新を両立させ、安定した経営を貫く

当社は創業以来55年以上、船の修理・メンテナンス専門の造船企業です。当社が手掛ける船は、年間400隻以上と国内トップクラス。内航船・近海船の修繕事業を中心に、2016年に完成した大型ドックで大型外航船にも対応しています。更なる事業展開として、3Dレーザースキャナを用いた三次元設計技術を活用し、船舶の改造を行うエンジニアリング事業も積極的に拡大しています。多種多様な船の修繕で培った技術力と最先端テクノロジーの融合こそ、当社の強みです。

事業拡大と働く環境の両立

2016年に最大63,000トン級の大型船も入渠可能な新ドックと本社ビルが竣工し、2017年には新工場や新独身寮も完成。また、更なる働く環境向上のため2018年に、本社ビル別館~Craftsmen’s Base~を建設し、この度、本社ビル別館が第32回日経ニューオフィス賞において、中国地方ブロックの“中国経済産業局長賞”に選出されました。2017年に本社ビルが「中国ニューオフィス推進賞」を受賞したのに続き、2年ぶり2回目となります。本社ビル別館は、当社従業員のみならず、当社場内で働く全ての方が利用できる大食堂「さんわ食堂」をメインに、仮眠エリアなどリラクゼーションスペースも設備しております。また、設備面だけでなく、外国人正社員の雇用や女性社員の活躍などダイバーシティ経営の推進、そして造船の島・因島を支える地域社会との関わりなどの各種人材確保・育成のための取り組みも評価頂いております。当社では今後も、一般商船の修繕事業を中核としつつ、バラスト水管理条約やSOx規制など国際環境規制対応工事などの最新の技術を用いた工事にも積極的にチャレンジし、それらを支える人材の確保、育成を進めて参ります。

求める人材はこんな方

船舶修繕業は人が命です。お客様の船を預り、安全に航海できる状態にしてお返しする。その意味では、ものづくり業ではなくサービス業に近い産業です。当社の社員にとって最も大切なことは知識ではなく、お客様から好かれる人間性、現場の職人さんに的確な作業指示を出せる論理性とコミュニケーション能力です。そのため当社では、学部・学科や専攻よりも、SPI・面接による適性・人間性を重視した選考を行っています。

企業DATE

所在地 〒722-2193
広島県尾道市因島重井町600
TEL.0845-26-1111
FAX.0845-26-1000
支店・営業所等 神戸設計事務所、東京事務所
代表 代表取締役 寺西 勇
設立 1961年10月
資本金 7,000万円
売上高 55億5,763万円(2018年度)
56億5,780万円(2017年度)
52億9,140万円(2016年度)
従業員数 334名(男性285名/女性49名)
平均年齢:37.2歳
主要取引先 国内外船社

採用DATE

初任給 大学院卒  :235,000円
大学卒   :220,000円
高専・専門卒:200,000円
高校卒   :186,000円
諸手当 通勤手当、時間外手当、住宅手当、
家族手当、役付手当 他
昇給・賞与 昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月、12月)
勤務地 尾道市因島(本社)
勤務時間 8:00~17:00(実働8時間)
休日・休暇 週休2日制、夏季、年末年始
(年間休日数120日)
福利厚生 各種社会保険、財形貯蓄、社員持株、
確定拠出年金、総合福祉団体定期保険 等
HP