若手・中堅社員に
聞いてみました!
ー Interview ー

株式会社 カタオカ

製造業 / 食料品製造業

Interview 01

村上 莉菜 さん

営業

尾道市出身。松山大学卒業。
2020年4月入社。現在、営業部に所属。

就職先に尾道市を選んだ理由は?

大学進学の際に初めて、生まれ育った尾道を離れ愛媛県で4年間過ごしました。高校までは、住み慣れすぎて尾道に飽き飽きしていた部分があり、県外に出たいという思いが強かったのですが、いざ出てみると、日本遺産もあり、多くの人に尾道が愛されていることに気が付きました。
そんな誇れる故郷に少しでも貢献したいという気持ちが強くなり、Uターンを決めました。大学での説明会があり、社長の人柄に惹かれ、カタオカにぜひ就職したいと思いました。

どんな仕事をしていますか?

製品がどうやって作られているのかを知るため、まず工場で1ヶ月間研修を行いました。現在は、営業部で主にスーパーに商品案内をしています。上司の商談に同行し、どういう風に商品を案内をするのかを教わり、徐々に1人で商談にいくことも増えてきました。まだ、ぎこちない部分が多いので、もっと回数をこなして、自分のものにしていきたいです。
また製品に使用する原料の検品や、見積りの作成、製品サンプルの作成、商談等、1日の半分は動き回っており、楽しく充実した毎日を送っています。

どんな時にやりがいを感じますか?

案内した商品がお店に並ぶこと、そしてその商品を購入していただけることにとてもやりがいを感じます。スーパーの依頼で店頭販売をさせて頂く機会があり、実際にお客様におすすめして手に取ってもらえたのですが、年配や子連れの主婦の方に人気があり、商品を褒めていただけてモチベーションもあがりました。また、社会見学に来た小学5年生を対象に、カタオカについてや、北前船と尾道の関係性について授業しました。会長などに話を聞きながら、一から教材を作り大変でしたが、自らの勉強にもなり、何より話を聞いている子どもたちが真剣に楽しく学んでくれたので、とても嬉しかったです。

将来どんな自分になっていたいですか?

今私を教育してくださっている先輩がとても話上手で取引先に頼りにされているので、私も様々な知識やコミュニケーション能力を高めて先輩のようになっていきたいです。
海で獲れる商材を扱っているので魚の状態や価格が常に変動します。バイヤーとの目線、相場観をしっかり把握して、求められている商品を案内できるようになりたいです。また、お客様とともに新商品を開発し、お客様や消費者様に愛される商品を自分で作って販売していきたいです。

いろんな業種を見て、実際にお話を聞いてみてください!

就活当初、私は特にどんな仕事につきたいという希望もなく、とにかく尾道で働きたいという思いだけで企業を探していました。もし私と同じような就活生がいれば、ぜひ、業種や職種を限定せず、全く興味がない分野だとしても1業種に1社は話を聞きに行ってみて欲しいです。思っていたより面白く興味をもてればプラスになるし、やっぱり自分には合わなそうだと思えば、今後就活する上で絞って行動していけるので選びやすくなってきます。
おのはたのような市の企業ガイドブックにしか掲載されてない企業もたくさんあるので、就活サイトに頼りすぎず、様々な媒体を参考にしてください。

Interview 02

山本 大斗さん

製造

福山市市出身。広島県立尾道商業高等学校卒業。
2020年4月入社。現在、物流部に所属。

入社を決めたきっかけは?

自宅から通いたいと決めていたので、まず通勤距離が近い会社を選んでいました。その中で何社かに絞り、一番自分に向いてそうと思ったこの仕事を選びました。入社時点ではどの部署に配属されるかわかりませんでしたが、研修中に様々な部署を経験し、その後今の部署に配属されました。研修期間をしっかりとって、それぞれの新入社員に合いそうな配属先を考えてくれるので助かりました。

どんな仕事をしていますか?

荷物の梱包、集荷作業、出荷作業、検品、台車の積め替え、作業場の手助け等をしています。その日の出荷に間に合わせなければならないため、忙しいことが多く、状況をみて自分のできることを判断しなくてはいけません。わからないことがあったら落ち着いたときに聞くようにしていますが、その時必要な質問はすぐに聞くようにしていて、先輩方も忙しい中でもきちんと丁寧に教えてくれます。

仕事をする上でのモットーは?

入社直後は右も左もわからず、商品や物流での仕事内容を覚えるところまでがまず大変で、先輩方の動きを常に観察し、質問しながら覚えていきました。2ヵ月ぐらいである程度慣れてきたので、自分の中で効率よく動く方法や先輩方が今必要としている作業は何かを考えながら動くことができるようになってきました。
最初は正確に間違いをなくすように、次に状況に合わせてやれるところをやっていき、慣れてきたらスピードを上げて早く終わらせて次にやることを探すように心がけています。

将来どんな自分になっていたいですか?

今は教えてもらっている立場ですが、いつまでも今のままではいけないので早く仕事を覚えたいです。4月には後輩ができるかもしれないので、後輩にきちんと仕事を教えられて指示ができるように、今やらなくてはならないことを瞬時に判断して、てきぱき動けるようになっていきたいです。
同じ部署に全体を把握しながら自分のやることをスピーディーに行い、後輩に任せる事を瞬時に考え行動できる先輩がいるので、その方のようになれるよう努めたいです。

敬語は勉強できるうちにやって損なし!

自分は就職してから敬語に関してもっと勉強しておけばよかったと感じました。
敬語は就職してからはもちろん、その後の長い人生でもずっと必要となってくるので勉強できる学生のうちにしっかり学んでおくことをお勧めします。
また、学校と仕事では内容も雰囲気も責任感も大きく変わります。仕事は自分で考え動かないといけない。その覚悟を持って就活してほしいと思います。
コロナの影響もあり就職活動が大変だとは思いますが、きちんとやり切れば必ずうまくいくと思います。就活頑張ってください。

代表者からのメッセージ

代表取締役社長 片岡彰一郎 さん

尾道には歴史ある会社・業績好調の会社・オンリーワンな会社が沢山あります。是非この尾道で就職してください。
皆さんと一緒に活気ある尾道にしていきましょう!!

企業情報はこちらのページへ!