ABOUT
ONOMICHI

広島県の南東部に位置する尾道市は、向島との間を流れる尾道水道(海の川)に面し、古くから港町、商都、海上交通の要衝として栄えてきました。江戸時代には北前船(きたまえぶね)の寄港地として、今は国内屈指の造船業・造船関連業及び海運業の集積地となっています。

明治31年4月1日に県内で2番目に市制を施行し、平成30年に市制施行120年を迎えました。これまでに隣接町村との8回に及ぶ合併、そして平成17年には御調町及び向島町と、平成18年には因島市及び瀬戸田町との合併を経て、それぞれの歴史・文化・地域の魅力がひとつになり、全国的に注目を集めるまちとなりました。多くの人を魅了してきた尾道の歴史と景観は、平成27年・平成28年・平成30年に、文化庁「日本遺産」として全国最多となる3件が認定されました。

令和元年には、嘉応元年(1169年/平安時代)に、備後大田庄からの年貢米積出港として尾道の港が指定されてから850年を迎えました。

瀬戸内のほぼ中央に位置し、山陽自動車道、しまなみ海道(西瀬戸自動車道)、やまなみ街道(中国横断自動車道尾道松江線)が交わる「瀬戸内の十字路」としての発展も大いに期待できるまちです。

伝統的なお祭りも多く、中でも「尾道みなと祭」、「おのみち住吉花火まつり」、「尾道ベッチャー祭り」は、尾道市民はもとより県内外からの多くの見物客で賑わいます。

POINT 01

街に近い里山で
スローなくらし。

尾道市中心部から車で30分ほどで、ゆるやかな山に囲まれた里山風景が広がります。山間部にも集落が点在し、里山の暮らしもできます。 東西へ流れる御調川に沿って国道がはしり、宅地と田畑が広がり、スーパーマーケットや農家直送の野菜が買える道の駅など生活インフラも整っています。 町の中心部には複合医療施設があり、子育て世代からシニア世代まで安心して暮らせる「福祉の町」として知られています。子ども図書館や子育て支援センター等の施設も充実しているので、子育て世代に暮らしやすい場所でもあります。

POINT 01

街に近い里山で
スローなくらし。

道市中心部から車で30分ほどで、ゆるやかな山に囲まれた里山風景が広がります。山間部にも集落が点在し、里山の暮らしもできます。 東西へ流れる御調川に沿って国道がはしり、宅地と田畑が広がり、スーパーマーケットや農家直送の野菜が買える道の駅など生活インフラも整っています。 町の中心部には複合医療施設があり、子育て世代からシニア世代まで安心して暮らせる「福祉の町」として知られています。子ども図書館や子育て支援センター等の施設も充実しているので、子育て世代に暮らしやすい場所でもあります。

POINT 02

瀬戸内海の
穏やかな気候と多島美。

尾道市の南部に位置する島しょ部は、大小合わせて10以上の島が点在しています。 向島と因島、生口島は「瀬戸内しまなみ海道」の開通により、一番遠い生口島からでも車で30分ほどで中心部と行き来ができます。 そんなしまなみ海道は、「サイクリストの聖地」とも呼ばれるサイクリングの人気コース。 日本を代表し、世界に誇りうるサイクリングルートとして、令和元年11月に国土交通省から第1次ナショナルサイクルルートとして国内3ルートの1つに指定されました。

尾道市役所 新庁舎
令和2年1月に、免震構造の採用による安全・安心な庁舎が完成しました。バリアフリーで、将来的な運用変更にも対応できるフレキシブル設計となっています。また、展望デッキなども備え、人が集い楽しんでいただける魅力ある空間づくりも。

POINT 03

文化の中に
新しさが増えていくまち。

古民家などを再生し、未来へとつなげるプロジェクトが盛んに行われています。 尾道空き家再生プロジェクトや、かつての海運倉庫をリノベーションしたONOMICHI U2などもまた、尾道の人や文化を伝えていくムーブメントの中でつくられた場所。 今、尾道には新しい息吹が生まれ、まち全体がどんどんおもしろくなってきています。 個性的な店舗も増え、歴史ある文化の中にも新しさがある、変化するまちです。 アーティストも増えて、街や島を巻き込んだアート活動なども盛んになっています。

POINT 03

文化の中に
新しさが増えていくまち。

古民家などを再生し、未来へとつなげるプロジェクトが盛んに行われています。 尾道空き家再生プロジェクトや、かつての海運倉庫をリノベーションしたONOMICHI U2などもまた、尾道の人や文化を伝えていくムーブメントの中でつくられた場所。 今、尾道には新しい息吹が生まれ、まち全体がどんどんおもしろくなってきています。 個性的な店舗も増え、歴史ある文化の中にも新しさがある、変化するまちです。 アーティストも増えて、街や島を巻き込んだアート活動なども盛んになっています。

尾道市役所 新庁舎
令和2年1月に、免震構造の採用による安全・安心な庁舎が完成しました。バリアフリーで、将来的な運用変更にも対応できるフレキシブル設計となっています。また、展望デッキなども備え、人が集い楽しんでいただける魅力ある空間づくりも。

cafe Rondine -ロンディネ-

「尾道やすらぎの宿 しーそー」内に、カフェレストランをオープン! 向島から尾道水道の美しさを眺めながら、ランチができます♪

J&Iターン 東広島&東京出身

Dog salon treat

子どもの頃からの夢トリマーを叶え、県外で修行後地元尾道にサロンをオープン。頼れるトリマーを目指し日々精進しています!

Uターン 尾道出身

animal

向島で日々農業にいそしむ若者たち「みなと組」。育てた自信作を味わってほしいとカフェバーも新開にオープン!

地元で起業

POINT 04

歴史と文化
日本遺産のあるまち。

日本遺産(Japan Heritage)とは、文化庁が平成27年度に創設したもので、地域に点在する有形・無形の文化財をパッケージ化し、日本の文化・伝統を語るストーリーを認定する制度です。 尾道市は、日本遺産第1号となる初年度・平成27年4月「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」が認定され、翌年の平成28年4月「”日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島 -よみがえる村上海賊”Murakami KAIZOKU”の記憶-」が認定、そして、平成30年5月「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 〜北前船寄港地・船主集落〜」に追加認定され、全国最多となる3件が認定されています。

STORY #014
尾道水道が紡いだ
中世からの箱庭的都市

STORY #036
“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島
-よみがえる村上海賊
“Murakami KAIZOKU”の記憶 –

STORY #039
荒波を越えた男たちの
夢が紡いだ異空間
~北前船寄港地・船主集落~

POINT 05

のんびりアクティブな
移住ができるまち

島と里山と町でのくらしが楽しめる、のんびりアクティブな移住ができるまち尾道。
尾道はどんなところなのか、実際に移住した方に聞いてみました!

平原在住 S・M さん
(20代・女性)

私は尾道市に移住して4年目となり、現在は教育関係の仕事をしています。
尾道市は大型のショッピングセンター等が無く、当初は物足りなさを感じていましたが、休日に商店街や路地裏を散策する中で、個性溢れる店を探し、都会では売っていない本当に良いモノ、自分に合うモノを見つけ買うようになりました。また、日常の中に自然があり、太陽の動きや寺の鐘の音で時間の流れを感じる中で、自分自身のことをゆっくり見つめ直す時間が増えました。尾道は自然豊かで美味しい食材が多くありながら、田舎すぎるわけでもなく、とても住みやすい街だと思います。そして、年数を重ねるうちに、尾道の独特な雰囲気が癖になり、どんどん好きになっているのを感じており、将来的には古民家暮らしにも挑戦したいと思っています。

御調町在住 S・Kさん
(40代・男性)

稲穂の実りが一面に広がり鳥の声が家の中まで聞こえるような豊かな自然。古くからの街道が交差し各所に歴史を感じさせるものが残る町。そして、ここにどっしりと根をはって生きてきた人。そんな尾道市御調町の暮らしにあこがれ、ここに住みはじめて4年目になりました。時間があれば御調川沿いや寺社を散歩し、家の前にも広がる田んぼや星のきれいな夜空を眺めてゆっくりとした時間を楽しんでいます。
街に近い里山御調町は近隣市町へ30分あれば行けるので、必要があればちょっと買い物に行ったり、仕事場所の尾道市街地へも車で出勤したりしています。この場所にじっくりと腰を据えて住みはじめたら、いろんなものに気づき、いろんな人に出会える。もちろんいいことばかりじゃなくて災害もあれば困りごともでてくる。でも長い目で、ここでどんな暮らしをしたいかなと描き続けることが大事じゃないかなと思います。

因島在住 M・Kさん
(30代・女性)

かねてからファンであった有名アーティストの出身地の島、ということでその存在を知った因島。何度も訪れるうちにその魅力に取りつかれ、2016年に九州から移住して、早いもので4年が経ちました。「観光で訪れるのと、住むのでは全然違うから移住は止めた方が良い」なんて言われることもありましたが、今住んでいる因島はとても住みやすく、特に不便を感じたことはありません。
島の方々と一緒にイベントや祭りに携わることができて幸せを感じる日々です。また、縁あって島の方と移住した翌年に結婚しました。移住してから人生が大きく変わったと実感しています。風景や島に住み人たちの人柄、海の香り、風の音、星空、何もかもが今の私の支えになっています。住んでいるからこそ伝えられる事もあるので、これからも因島の素晴らしさを全国に伝えていきたいと思います。